20代の節約・株・資産運用! 楽しくお金を貯めるために頑張る!

未来のセミリタイアを目標に「楽しく」「楽に」をモットーに資産運用を頑張ります(´∀`)

世界一の投資家 バフェットから学ぼう ②ROEの高い企業を買おう

どうもアカマルです

本日の株価は日銀の発表に好感で全面高でしたね!

特に銀行株を中心に株価が高騰しました

銀行株と言ったら、自分失敗談があって

ちょっと株についての知識がついてきて、PERとかPBRとかを覚えたてたころにですね・・・

わーーーー銀行株って割安じゃん!利益も大きいし配当もあるぜ!買いだ買いだーうひょーーーっていって、何も調べずに三菱東京UFJみずほ銀行の株を買ったんですが、マイナス金利の影響で両銀行とともに株価はじり貧に・・・

一時は両方とも20%以上の含み損になってげんなりしてました。

結果的に株価は復調しちょっとだけ利益が出て売り払ったんですが、マイナス金利も知らない僕が、買うような銘柄ではなかったんですね・・・・

もっと勉強せねば(´・ω・‘)

 

では本題です

バフェットから学ぼう第2段

ROEは端的に言うとどのくらいの比率で儲けることができるかの指標です

ROE自己資本利益率)=当期純利益÷自己資本×100

バフェットはROEの値が高い企業をメインに投資しています

理想は15~20%成長性が見込める場合は10%程度を目安にします。

基本的に10%以下のROEの企業は購入しない方針です

要は売上高よりも利益を重視するってことですね!

バフェット的には薄利多売のビジネスは、成長性が乏しく投資には向いていないということです

「100ドル売って10ドル以上儲からない商売はやりたくない」とバフェットも言っていますし相当利益重視の考え方をしているんですね(´∀`)

 

ROEが低い企業に投資しないって言うのは一つの指標にできるなぁって感じます。

成長が期待できるからといって、利益率の低い企業に投資するのはリスキーな投資になってしまうと考えられます。

 

改めて企業分析を行って、投資している企業のROEを見てみてはどうでしょうか(´∀`)